News & Topics

2017年03月26日

全国高校生マイプロアワードに出場!
地区予選を突破した32プロジェクトが集まる

2017年3月25日(土)~26日(日),東北芸術工科大学外苑キャンパスにて
「全国高校生マイプロジェクトアワード2016 全国Summit」が開催され,
本高校1年の中島千歩さん,伊藤ゆきのさんが「がまだすKUMATOMO」というプロジェクトで出場しました。

本大会は,書類選考をへて東京,関西,北九州,東北の各地域大会もしくはオンライン大会に出場し,
選ばれた32プロジェクトが招待されました。
本校の「がまだすKUMATOMO」は,オンライン大会に出場,
全222プロジェクト中32プロジェクトのみが全国大会出場権を獲得するという狭き門をくぐり抜け,
本日,この場に参加することができました。

大会前日の24日(金),東京・日本橋のバンクオブアメリカ・メリルリンチ東京オフィスにて,
ブラッシュアップDAYに参加。ファシリテータや多くの方々にご指導いただき,
翌日からのプレゼンを磨き上げました。

25日(土)のDAY1,本校プロジェクトを含め32プロジェクトが各ブースでプレゼンです。
審査員のフィードバックをもらいながら3回のプレゼンをこなしました。

26日(日)のDAY2の最初に結果発表。残念ながらファイナルにはすすめませんでしたが,
大会委員長の鈴木寛氏の開会あいさつ,「Make friends!」を達成できたことは
参加生徒にとって大きな宝物になったことでしょう。

当大会への出場に際し,ご協力いただきました皆様に感謝申し上げます。

参加した生徒の感想です。

この全国大会の3日間は私にとって、一生の宝物になるようなとても良い経験となりました。
私は優勝目指して全力でプレゼンをしました。しかし、「全国の壁はとても厚かった」
どのプロジェクトも、歌あり、劇あり、涙あり、笑いあり、趣向の凝らした素晴らしいもので
本当に勉強になりました。
そして3日間全力で戦った全国の高校生達とは素晴らしい友情が芽生え、なんでも話せる親友になりました。
来年は日本一になり文部科学大臣賞を頂けるように今からさらにパワーアップした活動を行っていこうと思います。

この大会に参加して、今までにないような経験をさせて頂きました。
私にとって、自分が何をしたいのか、またそれに対してどう思っているのかなどを皆さんと話していくうちに
分かるというような経験でした。
今回は最終代表に選ばれませんでしたが、来年リベンジしたいです。

Brush Up Day:プレゼン指導

DAY1:開会式での紹介



DAY1:ブースでのプレゼン

DAY2:大会委員長・鈴木寛氏







戻る