News & Topics

2017年03月18日

第12回中学校卒業証書授与式

 3月16日(木)「第12回卒業証書授与式」が挙行され、176名が巣立ちました。

 Fox校長は式辞において、中3学年スローガンの『Lead Rits Uji』について触れ、「立命館宇治中学校をしっかりリードしてくれた。これからも日本を、世界をリードしていく存在でいてほしい」と温かく激励しました。
 
 また、卒業生代表として荒田華凛さん、荒川ゆうさん、飯田智大君、山下浩典君、赤木世那さんの5名が答辞を述べました。「同じクラス内で多様性が入り交じり日本語と英語の壁を感じたが、行事などで協力して乗り越えた。私たちにとって立宇治は変わらない場所。」「立宇治では人前に出る機会も多く、だんだん自分に自信が持てるようになっていった。」「3年間続けた部活動を通して、チームのリーダーとして悔しい思いや辛い経験もたくさんした。なかなか仲間を頼れず、試合に負けてから大切な仲間の存在を見失っていたことに気づいた。部活動を通して仲間の大切さ、責任感を学んだ。」「学校行事ではクラスの絆を深める、団結力を高めることができ、土台から自分たちで築き上げることも経験した。」「家族は部活動の悩みを聞いたり、励ましてくれた。いつも優しさを与えてくれて、いままで育ててくれてありがとう」とそれぞれ思い出を語り、「高校生になっても一生懸命全力で取り組んでいきたい」との決意を披露してくれました。
 
 第12期卒業生のみなさん、卒業おめでとうございます。これからも、立命館中学校卒業生としての誇りを胸に頑張ってください。











戻る