News & Topics

2017年02月09日

フランス語暗唱大会で審査員特別賞受賞!
第8回西日本高校生フランス語暗唱コンクールにて

2月4日(土)、大阪聖母被昇天学院高等学校にて開催された、「第8回西日本フランス語暗唱コンクール」に、本校でフランス語を履修している高校2年生の松本優奈さん、大杉萌花さん、岡田玲奈さん、山根菜緒さんの4名の生徒が参加しました。

本大会は、在日フランス大使館後援のもと開催されている大会で、西日本中からフランス語を履修している高校生が参加している大きな大会の一つです。今年度の大会には24名の応募者がありました。

本暗唱大会は、フランス語圏の国の文学作品の中から厳選された抜粋を暗唱し、フランス語の発音はもちろんのこと、それぞれの表現力を生かした、個性あふれる発表がたいへん魅力的です。

まだフランス語を履修し始めたばかりの高校2年生の4名にとって、テキストを暗唱するだけでも大変なほど、難解な作品ばかりでしたが、大舞台で4名とも堂々とした発表でした。
また、普段は交流することのない、他校で同じようにフランス語を履修する高校生の発表に、良い刺激を受けたことでしょう。

本当に誰が入賞してもおかしくないような、それぞれが個性溢れる発表でしたが、大変嬉しいことに、山根菜緒さんが審査員特別賞をいただきました。

来年はどのような発表が見られるか、これからもフランス語を勉強している生徒たちの活躍が楽しみです。

発表した4名の生徒たち

授賞式の様子



戻る