News & Topics

2016年12月20日

国立情報研究所大向一輝氏の講演会を実施。
理科コース全員が「情報学」の世界へ

12月19日(月)、国立情報研究所の大向一輝先生をお招きし、理科コース(生徒134名)対象の講演会を実施しました。

国立情報研究所(NII)は、「ボイスバンク(音声障碍を持つ方の個人用音声合成システム)」や、人工知能開発「ロボットは東大に入学することができるか」プロジェクトなどで、現在最も注目を集めている研究所です。
大向先生は、webやSNSの歴史、サーチエンジン、図書館情報学分野の研究に加え、あの論文検索システム「CiNii」研究チームの一員としてもご活躍中です。

今回は、CiNiiの説明から論文の書き方に至るまで多岐にわたるお話をいただき、生徒の情報学に対する理解が大変深まりました。

講演終了後は会場を図書館に移し、大向先生を囲んでの「座談会」を開催、理科コースを中心に20名ほどの生徒が参加しました。
大向先生は、webの可能性や危険性など、生徒の質問一つひとつにも丁寧に応対くださり、充実した座談会となりました。
参加者は皆、「これが今の科学の姿。そこには理系も文系も関係ない」との思いを強く持ちました。

これまで立命館大学理系学部をはじめ、北海道大学や京都大学、大阪大学などともジョイントさせていただいた理科コースですが、今回は東京、国立情報研究所ともつながりを持たせていただきました。次年度以降も情報研との関係を深めさせていただければと願っています。

「Beyond Borders」の学園スローガンのように、理科コースは多方面との連携を模索しながら、生徒の人間力形成を追い求めます。

 理科コースの今後にご期待ください。

個人の知識・知恵のの広がりとは?

巨人の肩の上にのる、の真意と情報学の関連



図書館座談会 yahoo1995って?

生徒の質問に丁寧に答えてくださいました



戻る