News & Topics

2016年11月15日

京都賞 高校フォーラム参加
理科コース20名が京都大学吉田キャンパス訪問

11月14日、京都賞・高校フォーラムが京都大学「百周年記念ホール」で開催され、高3理科コース20名が参加しました。
このフォーラムは、稲盛財団が主催する京都賞受賞者による高校生向けの特別講演会です。
財団の推薦がなければ聴講することはできませんが、光栄なことに今回も本校生徒に参加の機会を与えていただきました。
京都賞は科学や文明の発展、また人類の精神的深化・高揚の面で著しい貢献をした人々に贈られる国際賞であり、基礎科学部門で受賞された、京都大学名誉教授の本庶佑博士の特別講演が開催されました。
講演題目は「抗体の機能性獲得から探る生命工学」。現在の医療の現状、がん細胞との格闘の歴史をふまえ、未来の研究者に熱いメッセージを届けてくださいました。
講演後の質問タイムでは、理系生徒ならではのするどい質問が次々と上がりました。
専門的な用語も飛び交い、本校の生徒が質問した「生命科学に興味をもったきっかけはなんでしたか?」に対しても、やさしく、わかりやすく答えてくださいました。
立命館大学と京都大学は、連携協定も含め、その誕生から深い深い関係を築いてきました。
先月実施された京都大学宇治キャンパス訪問など、今後もさまざまな場面で京都大学との連携を深めていきたいと考えています。



戻る