News & Topics

2016年09月08日

本校インターアクトクラブが熊本で支援活動

 2016年4月14日に発生した熊本地震では、地元の高校も甚大な被害を受け、現在も授業やクラブ、通学に大きな影響が出ています。
 そうした状況を受けて、本校のインターアクトクラブ(高校国際委員+放送部)の5名がこの夏休みに、震災により不便な生活を強いられている高校生支援のために現地を訪れました。

 現地ではテレビ局や新聞社から取材を受け、我々を活動を報じていただきました。
http://kumanichi.com/news/local/main/20160829004.xhtml


今回は主に以下の3か所を訪問しました。

①最も被害の大きかった益城町(高校生たちは避難所や仮設住宅から通学している)
②南阿蘇鉄道(高校生たちの通学の足となっている。しかし現在はまだ部分開業のみ)
③熊本学園付属高校(体育館などが被災し、通常の授業が出来ない状況が続いている)

 震災支援は継続的な取り組みが必要で、今回の訪問は熊本支援の第一歩となります。
 今月開催される文化祭では現地の物品を販売しその収益を全額、これらの被災地に送る計画です。
 その後も継続的に支援を行い、熊本学園とは今回を機に、長く交流を行っていくことになりました。

 文化祭での熊本の物品販売は9月24日(土)、高校3年1組の教室で行います。皆様のご支援をよろしくお願いします。

益城町の町長さんに面会&インタビュー

益城町の復興市場・屋台村



関係者も近寄れないほど危険な状態の熊本城

熊本学園大学付属高校との交流



応援のビデオメッセージを今後送ります

南阿蘇鉄道の運転手と懇談(TV取材中)



文化祭で販売するDVDの製作者木村さんと

トロッコ列車に試乗させてもらいました



戻る