News & Topics

2016年07月29日

第44回 立命館宇治土曜市民講座
漬物の基本は家庭の味

7月23日(土)、本校において第44回立命館宇治土曜市民講座を開催し、約100名の方々にご参加いただきました。

今回は、「漬物の基本は家庭の味」と題し、打田漬物商工業株式会社代表取締役の打田学市さんにご講演いただきました。
打田さんは「最近では糠床を持っておられる家庭が少なくなってきて寂しい!」との思いから、近年は小学校や高校、大学などで食育「糠漬教室」を行っておられます。今回は漬物の発祥の歴史、漬物の健康効果、京の三大漬物、京漬物の製法や、簡単な漬物の漬け方まで、時にはユーモアを交えていただきながら幅広いお話を頂戴することができました。また、最後には、参加者に漬物が振舞われ、とりわけ、漬物が苦手な人にも食べていただけるクラッカーやオリーブオイル等を利用したアレンジ料理は参加者に大好評でした。

「漬物」・「京漬物」・「打田の漬物」の伝統や伝承を守りながら、常に新しいことにチャレンジされようとしている打田さんのお人柄がよく伝わる講演となりました。
この度、お集まりいただきました皆様、ありがとうございました。

次回は、9月10日(土)14時より、「立宇治なべ先生のわくわく理科実験ショー」と題し、本校の渡辺儀輝教諭が講演いたします。ぜひご参加下さい。



戻る