News & Topics

2016年07月28日

中学女子テニス部が京都府大会で優勝
5年ぶりの団体優勝!個人戦ダブルスでも1・2年生ペアが優勝!

7月25日・26日の両日、西院公園テニスコートにて京都府中学校総合体育大会が開催されました。
【団体戦】
初戦は京都女子中学校との対戦となりました。
ダブルス2(赤木・桑原ペア)は6-6タイブレークの末、見事勝利を収めました。
ダブルス1(金原・塩田ペア)とシングルス3(渡邉)は危なげのない試合展開で、ともに6-2で勝利しました。
シングルス2(前田)は4-6で惜しくも敗れましたが、シングルス1(池田)が6-1で快勝し、4勝1敗で決勝戦進出を決めました。この時点で「近畿大会」および「近畿地区代表決定戦」への出場権を獲得しました。

決勝戦は同志社女子中学校と対戦しました。
ダブルス2(金原・塩田ペア)が6-4で勝利、ダブルス1(森下・渡邉ペア)が3-6で惜敗の後、シングルス1(池田)が6-3で勝利し2勝1敗となりました。3勝先取すれば優勝です。
シングルス2(久野)が接戦となり、6-6タイブレーク後、素晴らしい粘り強さを見せ、劇的な勝利を手にしました!この瞬間、本校女子テニス部の5年ぶりの府大会団体優勝が決まりました!
シングルス1(前田)は0-5で苦戦していましたが、3勝先取したため打ち切りとなりました。


【個人戦】では、シングルスに池田と塩田が出場しました。ベスト8に入れば近畿大会出場が決まる試合でしたが、残念ながらベスト16止まりで近畿大会出場は叶いませんでした。
ダブルスには本校から5組が出場し、「赤松・井上ペア」と「森下・山本ペア」は惜しくも1回戦で敗退しました。
「金原・塩田ペア」がベスト8入りを果たし、近畿大会出場を決めました。また、「前田・渡邉ペア」と「赤木・桑原ペア」がともにベスト4入りし、最終日の準決勝・決勝へ駒を進めました。
最終日(27日)は同志社中学校で開催されました。
準決勝戦で「前田・渡邉ペア」と「赤木・桑原ペア」が激突しました!府下地区大会で優勝している「前田(2年生)・渡邉(1年生)ペア」と先輩として負けられない3年生「赤木・桑原ペア」。意地とプライドを賭けた、どちらも負けられない一戦です。予想どおりの大接戦!6-6タイブレークの末、「前田・渡邉ペア」が勝利しました。
決勝戦も6-2で見事勝利し、府大会個人戦ダブルス優勝という快挙を成し遂げました!!
惜しくも敗れてしまった「赤木・桑原ペア」も3位入賞の大健闘でした!

今後、7月30日・31日に奈良県立明日香庭球場にて全国大会出場を賭けた「近畿地区代表決定戦」が行われます。
また、8月5日・6日に和歌山市立つつじが丘テニスコートにて「近畿総合体育大会」が開催されます。
さらに上のステージを目指して頑張りますので、引き続き応援よろしくお願いします。


今大会の戦績を以下にまとめておきます。

【団体戦】
 VS京都女子中学校
 D2 赤木・桑原 ○7-6
 D1 金原・塩田 ○6-2
 S3 渡邉    ○6-2
 S2 前田    ●4-6
 S1 池田    ○6-1  
          4勝1敗で勝利⇒「近畿大会」「近畿地区代表決定戦」への出場決定

 VS同志社中学校
 D2 金原・塩田 ○6-4
 D1 森下・渡邉 ●3-6
 S3 池田    ○6-3 
 S2 久野    ○7-6
 S1 前田     0-5(打ち切り)
          3勝1敗で勝利⇒5年ぶりの団体優勝

【個人戦】
《シングルス》
 池田 ベスト16
 塩田 ベスト16

《ダブルス》
 前田・渡邉 優勝  ⇒近畿大会出場決定
 赤木・桑原 3位入賞 ⇒近畿大会出場決定
 金原・塩田 ベスト8 ⇒近畿大会出場決定
 赤松・井上 1回戦敗退
 森下・山本 1回戦敗退
 























戻る