News & Topics

2016年02月17日

理工学部環境都市系3学科研究室訪問 理科コースで実施
環境システム、建築都市デザイン、都市システムの底力を直接体感!

 理工学部環境都市系3学科(建築都市デザイン学科、環境システム工学学科、都市システム工学学科の特徴と研究内容を理解するとともに、理科コースの進路意識高揚をはかることを目的に、2月15日(月)3学科の研究室訪問を実施しました。

 参加生徒は、環境都市系3学科に進学する高3生7名と、進学希望を持っている高2生4名。

環境システムの天野耕二学系長の挨拶の後、以下の先生方にそれぞれの研究室を紹介して頂きました。

(1)環境システム工学科(佐藤圭輔 准教授、吉川直樹 特任助教)
    環境システム研究室・流域環境情報研究室

(2)建築都市デザイン学科(宗本晋作 准教授)
    卒業展示・建築計画研究室

(3)都市システム工学科(深川良一 教授、藤本将光 助教)
    ジオメカニクス研究室

 特にローム記念館で開催されていた建築卒業設計展は圧巻で、数多くの学生の方々に対面で、作品のコンセプトを説明して頂きました。また環境システムの実験施設・浄化施設、都市システムが持つ大型水路、土砂災害シミュレーション装置は、大きなスケールを持つ立命館大学のパワーが感じられました。

 訪問の後は、学生の方々と昼食をともにし、キャンパスライフ、研究生活について和気あいあいと話すことができ、非常に実りの多い研究室訪問となりました。

 次年度、春には理工学部電子・機械系、情報理工学部、生命科学部などの研究室訪問にでかけ、名前で選ぶではなく、先生方の背中にあこがれて選ぶ、そんな内部推薦が実現できるよう、理科コースは様々な進路・キャリア教育を実践していきます。ぜひご期待ください。

環境システム実験室を学生さんが解説

環境設備がいっぱい。微生物浄化槽



ローム記念館に広がる建築卒業展示

宗本先生の熱い語りに魅了されます



細部にこだわる建造モデル

都市システムが誇る大型水路施設



土砂災害のシミュレーター

お世話になった吉川先輩といっしょに



戻る