News & Topics

2015年12月19日

Real Exchange Program オーストラリア留学生 帰国

12月14日、オーストラリアの留学生4名が3ヶ月間の滞在期間を修了し、帰国しました。

4名はReal Exchange Program(以下REP)で立命館宇治に滞在していました。

REPとは留学生派遣と受け入れを同家庭内で行う国際交流プログラムです。
本校の生徒は2015年の1月から3月をオーストラリアで過ごし、オーストラリアの生徒は10月から12月を日本で過ごしました。生徒たちは計6ヶ月間、家族ぐるみの国際交流を行いました。

この空港での見送りが彼らのREPの最後の日となりました。

ホストファミリーのご家族の方々も空港に来てくださり、出国ぎりぎりの時間まで別れを惜しんでいました。

搭乗ゲートの前まで来ると、いつもは元気いっぱいの生徒たちも目を真っ赤にして涙をこらえていました。ホストファミリーの皆さんも留学生の姿が見えなくなるまで、ずっと手を振っていました。

6ヶ月の間には大変なご苦労もあったかと思います。どんなときも留学生を支え、本当の家族のように温かく迎えてくださったホストファミリーの皆様に感謝申し上げます。

REPをきっかけに、今後もぜひ家族ぐるみの交流を続けていただきたいと願っています。

本当にありがとうございました。

国際センター

戻る