News & Topics

2015年09月20日

バングラデシュ支援プロジェクト街頭募金実施!

夏休み最後の日曜日の8月30日、バングラデシュ支援プロジェクトのメンバーが,京都市内2ヶ所で街頭募金活動を行いました.ときおり小雨となる天候でしたが,雨雲を吹き飛ばすくらい元気に呼びかけを行いました.
おかげさまで多くの方のご協力により55,660円の募金をいただきました。このお金は,特定非営利活動法人「ハンガー・フリー・ワールド」を通して,バングラデシュ農村部の学校運営費にあてられます。
ご協力くださった皆様に,あらためて御礼申し上げます。ありがとうございました。

来る9月26日の興風祭では,タピオカドリンクの模擬店を出店し,多くの方に現地の様子や活動内容をお伝えする予定です.応援よろしくお願いいたします!

【生徒の感想】

たくさんの人に支えられているということを実感できる活動でした.あんなに1円玉が光って見えたのは初めてでした.

初めての街頭募金参加で緊張していましたが,だんだん大きな声が出せるようになり積極的に呼びかけができて達成感がありました.わざわざ財布を出して募金をしてくださった方々に心から感謝の気持ちでいっぱいになりました.

いつも京都駅付近を通るときに募金する側で見ていた私が,声を張り上げて募金活動をするというのはとても不思議でした.募金活動をする側は責任感を感じたし,募金をしてくださるたびに,ああ,このお金がバングラデシュの子どもたちの支えになっていくのだなあと思って,感動しました.

バングラデシュの方達が募金活動中に偶然通りかかり、声をかけてくださいました。「僕たちの国のためにありがとう」と英語でお礼を言ってくれたのです。どれほど元気をもらったでしょうか。本当に心が温かくなりました。バングラデシュを支える活動をする中で、街の方々や、さらにはバングラデシュ人の方々に、僕たちは支えてもらい、たくさんの元気をらったのです。その支えのおかげで、「よし、がんばろう」と何度も思うことができ、僕が担当させていただいた2時間の活動時間はあっという間でした。

心に残っていることは"皆様の笑顔と優しさ"です。正直なところ、いきなり街に立って、バングラデシュの子供たちを支援してください!と呼びかけて、どれだけ皆様に私たちの気持ちが伝わるのだろうと不安もありました。しかし、そんな心配をよそに、幅広い年齢層の方々がわざわざ立ち止まって興味を示してくださり、皆様の優しさ、そして少し伝わったということに嬉しさを感じました。さらに募金に協力してくださった皆様は、笑顔で"お疲れ様!" "頑張ってね!"と一声かけてくださりました。中には一つ一つの募金箱に祈りながら募金をしてくださった方もいて、この思いを必ず実現させてバングラデシュの子供たちに繋げるという決意になりました。

特定非営利活動法人「ハンガー・フリー・ワールド」



ぜひ興風祭へお越しください!

戻る