News & Topics

2015年09月16日

様々なボランティア活動団体による興風祭での展示

 2015年度の興風祭では、様々なボランティア活動の団体による発表や報告をいたします。是非、ご覧下さい。また、団体によっては、インクカートリッジを回収するなどの活動を当日実施いたします。こちらも是非、ご協力下さい。

(1) 高校国際委員会
高校国際委員会では、ダルニー奨学金募金活動に力を入れています。現在は、タイに住む中学1年生の女の子が、学校に通えるように金銭的なサポートをしています。この活動の一環として、興風祭では、インクジェットプリンター用カートリッジ(インクを最後まで使い切った純正製品に限る)を回収します。もし、ご家庭にカートリッジがありましたら、ご協力いただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。(谷嶌)

(2) Peco
「Peco」は、「Peace-Ecology」を意味し、科学的に効果のある環境活動を行なうことを目的に、生物多様性広報活動、地域貢献活動、海外環境保護活動などを行なっています。
 マレーシアでのマングローブ植林活動や地域の竹林整備ボランティア、宇治市近郊で開催されるイベントの参加など、積極的な活動を行なっています。(中井)

(3) Beyond 福島×京都
「Beyond 福島×京都」では、昨年に続き7月に福島を訪問し、福島の現状を学び、放射線量の測定、現地の高校生や仮設住宅の方々との交流を行なっています。そして今後も福島の現状と未来を考え、日本と世界に発信していこうと奮闘しています。(森口)

(4) BANGLADESH x JAPAN(バングラデシュ支援プロジェクト)
BANGLADESH x JAPAN(バングラデシュ支援プロジェクト)は、バングラデシュ農村部に暮らす子どもたちの貧困・飢餓問題を、教育支援によって解決することを目指す、立命館宇治高等学校生徒有志による国際支援ボランティア団体です。文化祭や私学フェスティバルをはじめとした学校内外のイベントへの出展参加や、街頭募金活動など、50名あまりの高校生が積極的に行動しています。立命館宇治中学校・高等学校の海外派遣プログラムであるグローバル・チャレンジ・プログラムの一環として、支援先へのスタディツアーも行っています。
興風祭当日は、タピオカマンゴージュースとタピオカミルクティーを販売します。これらの売り上げは、特定非営利活動法人「ハンガー・フリー・ワールド」( http://www.hungerfree.net/ )を通じてバングラデシュの子どもたちへ寄付させて頂きます。また、販売ブースでは、高校生が現地訪問をしたときの報告や、これまでの活動報告を実施しています。ぜひお越し下さい!(高野)

(5) Fair Trade
Fair Tradeは、途上国の労働を正当に評価した対価を支払うという輸入取引です。
立命館宇治フェアトレード・サークルでは、この取引を本校生徒をはじめ、日本の高校生に広げようと、宣伝、販売をします。興風祭では、B棟1Fでお店を持ちますので、ぜひ遊びに来てください。(杉浦)

戻る