News & Topics

2015年08月31日

中学校平和集会について
戦争体験者との対談を通じて平和について考える

奥出廣司さんと生徒

8月6日、中学校平和集会を開催しました。
本年は戦後70年の節目の年にあたることから、生徒会が中心となり生徒全員が参加しました。
当日は、広島平和記念式典の映像を見ながら全員で黙祷を行った後、京都で戦後の混乱期を孤児として過ごされた奥出廣司(おくでひろし)さんをゲストにお迎えし、3年生徒代表との対談が行われました。
戦争体験者の高齢化により、戦中・戦後の話を直接聞く機会がどんどん減っていると言われています。
本日の集会は、改めて平和の尊さについて考えるよい機会となりました。

真剣に話を聞いていました

インタビューをする生徒



戻る