News & Topics

2015年08月31日

立命館シンクロトロン高校生実習に参加しました!
立命館グループの高校生同士の交流も充実

 8月26,27日の2日間。立命館大学の大型実験装置であるシンクロトロン放射光を使って高度な実習を行い、将来大学での科学研究へ向けての興味・関心・意欲を大きく高めること。そして研究者の方々との交流や、他の附属校・提携校の生徒との交流を通して、今後の学習におけるネットワークを築くことを目的に、「立命館附属校・提携校 SRセンター高校生実習」が開催され、本校理科コース3名が参加しました。

 立命館高校、初芝立命館高校、育英西高校の生徒たちと寝食をともにし、立命館大学が世界に誇るシンクロトロン放射光施設を利用させていただきながら、大学院生レベルのデータ整理と考察が求められる実習でした。

 電子を光速まで円形に加速させ、周囲から放出される電磁波を利用し、物理・化学・生物分野等、幅広い分野で利用されているシンクロトロン。その動作原理、利用技術の基本知識は高校物理・化学・生物分野のすべてを網羅するくらいです。しかし3名は、前日までに物理未習部分(電荷が磁界から受ける力、原子の構造、X線の性質等)をみっちり行った成果を遺憾なく発揮し、研究発表でも大いに語り、大学の先生方、大学院の学生たちに非常に好感を持っていただけたようです。

 このような大型物理施設を高校生が体験できるというのも、附属高校ならではの特権のひとつ。きっと参加した彼らのこれからの進路に大きな影響を与えることになるでしょう。

 次年度は、もっと多くの附属生たちが集い、交流が更に深まることを期待しています。

 改めて、ご指導頂いた太田俊明教授をはじめとする立命館大学の先生方、大学院の学生の皆様に感謝申し上げます。

事前に物質の特性を探ります

いざシンクロトロンへ!



附属校・提携校が協力して発表します。

参加した全員でBKCをバックに記念撮影



戻る