News & Topics

2015年08月01日

中学女子テニス部 全国大会出場決定!!
~敗者復活戦から見事栄冠を手に!~

7月30日・31日に神戸総合運動公園で開催された第42回全国中学生テニス選手権大会《近畿地区代表決定戦》において、本校中学女子テニス部が敗者復活戦から勝ち上がり、見事全国大会出場を決めました!
3年ぶり9回目の全国大会出場となりますが、3年前までのSA(スカラーアスリート)生徒在籍での連続出場と比べ、SA生徒不在の今回の全国大会出場は快挙といえるでしょう。

【7月30日(木)】
団体戦1回戦の相手は兵庫県代表の啓明学院中学校でした。実力の違いを見せつけられ、1勝4敗(シングルス岩田だけが勝利)で敗退しました。選手たちも意気消沈の中、啓明学院の2回戦の結果を待ちます。啓明学院が勝利すれば立命館宇治に敗者復活戦に出場する権利が与えられます。啓明学院が2回戦を突破してくれたおかげで、敗者復活戦に駒を進めることができました。対戦相手は和歌山県代表の明和中学校。2勝2敗(ダブルス紙谷・安場ペアとシングルス今道が勝利)で互角の争いとなり、勝負の行方はダブルス金原・塩田ペアの結果に委ねられました。手に汗握る接戦でゲームカウント6-6となりタイブレーク!取って取られてのシーソーゲーム。金原・塩田ペアにとっても、こんなに緊迫した状況を経験するのは初めてだったことでしょう。タイブレーク中に彼女たちの瞳から流れていたものは汗なのか?それとも涙なのか?極限の緊張感の末、粘りに粘った金原・塩田ペアが見事勝利を収めました!負けた時にはいつも「悔し涙」を流している二人が、この時はみんなに囲まれて「うれし泣き」していました。

【7月31日(金)】
前日の試合進行が遅くなったため、敗者復活戦2回戦は翌日に持ち越されました。これに勝利すれば念願の全国大会出場が決まります。集合した団体メンバーと応援生徒の顔に前日の疲れは見られず、みんなとても清々しい表情をしていました。それはきっと「全国大会出場」という目標を胸にみんなの心が一つになっていた証拠だと思います。
敗者復活戦2回戦の相手は奈良県代表の富雄第三中学校。富雄第三中とは頻繁に練習試合をさせていただいており、お互いに手の内を知り尽くしているだけに「やりにくい相手」です。練習試合をしていても実力はほぼ互角。お互いに負けられない大事な一戦です。
ダブルス紙谷・安場ペアとシングルス今道が快勝、ダブルス金原・塩田ペアとシングルス前田があと一歩のところで惜敗。2勝2敗でシングルス岩田の結果に託されました。この日のキャプテン岩田美紗希の気合は一味違いました。ふだんは得点を取っても喜びを表には出さず、沈着冷静に黙々と試合を続けるタイプですが、この日の岩田は得点が決まるたびに「カモン!」を連発していました。意識して言っているというよりは内なる闘志が彼女の口から自然とあふれ出てきている感じがしました。そして見事勝利!!3勝2敗でライバル富雄第三中学校を破りました。その瞬間、本校の「全国大会出場」が決定しました。拍手喝采!湧き起こる大歓声!選手たちは抱き合いながら涙・涙・涙・・・そして最高の笑顔☆
団体メンバーと応援生徒が一丸となって手に入れた大きな大きな勝利です。

今後、8月7日~8日に奈良県の明日香公園テニスコートで中体連近畿大会に出場した後、
8月18日から福島県会津若松市で開催される第42回全国中学生テニス選手権大会に出場します。
団体戦の1回戦は8月19日に行われる予定です。
今後とも応援よろしくお願いします。

【団体メンバー紹介】
3年 岩田 美紗希
3年 今道 美乃
3年 安場 有希
3年 紙谷 百花
2年 塩田 萌文
2年 金原 有里紗
2年 赤木 世那
2年 桑原 侑香
2年 池田 英香
1年 前田 遥香

















戻る