News & Topics

2015年08月07日

ティーンエージアンバサダー 日本での交流の幕締め

イオン1%クラブのティーンエージアンバサダーとして、本校生20名がラオスの高校生20名と1週間の国際交流を日本で行ってきました。東京での交流から場所を京都に移し、立命館宇治を訪問、2泊のホームステイ体験、そしてフェアウェルパーティーで日本での交流を閉じました。

出会って1週間しかたっていないとは思えないほど、両国の生徒はお互いの交友を深め、良い友人関係を築いているようでした。フェアウェルパーティーでは、良好の生徒がダンスと歌を披露し会場を1つにしていました。そして両国代表生徒からの挨拶では、今回の交流で学んだこと、新たな友とも思い出、今後の意気込みなどを、歓喜あまりながら気持ちをこめて伝えてくれました。

別れは本当に寂しいものでしたが、9月末にはラオスを訪問し再開することができます。お互いの理解・交友を深め、ますます国際化していくこの世界で両国の架け橋となってくれることを願っています。





戻る