News & Topics

2015年07月07日

中学生が作家の授業を受けました。
作家・田丸雅智さんによる特別授業を受けました

2015年7月7日(火)5・6時間目に本校大ホールにおいて中学1年生から3年生までを対象に、作家・田丸雅智先生をお招きして特別授業を行ないました。
田丸先生は「ショートショートの神様」と言われる星新一氏の孫弟子にあたります。これまでに4冊の単行本を刊行し、今週にも新しい作品が刊行される予定の新進気鋭の若手作家です。
今回の特別授業で田丸先生からは、右脳と左脳を刺激する「超ショートショートの書き方」をレクチャーしていただきました。

まず始めに「ぽかぽかする傘」「発電に使えるタコ」といった不思議な言葉をつくり、そこから想像を広げていきます。
生徒達の中からは「おいしい眼鏡」「食用靴」「たためるロッカー」といった不思議な言葉が生まれてきました。
そこから、その「物」のメリットやデメリットを考えながら想像をふくらませ、物語(ショートショート)を作っていきます。
中学生全員が同じ時間に物語を作っていくという時間は初の試みでしたが、皆楽しそうにお互いが作った物語(ショートショート)を読みあっていました。
田丸先生も生徒達の作品を丁寧に見て回りながら、アドバイスなどをして下さいました。

今回作った作品は、国語の時間に完成させ、「第3回星新一賞」に応募する予定です。
どんなショートショートが出来上がるのか、楽しみです。

生徒からの質問に答える田丸先生



完成した作品を発表する場もありました

戻る