News & Topics

2015年06月03日

中学1年生の清新<立命館の歴史>
5月22日の清新の時間に、立命館の歴史について中学1年生が学びました

5月22日の清新の時間に、大ホールにて立命館の歴史についての授業がありました。立命館学園についてのDVDを見たり、建学の精神、立命館という言葉の意味、どのような方がどのような想いで創られたかを聞き、4月から立命館学園の一員となった中学1年生はよりいっそう立命館ならではの学びを考えるきっかけになりました。

特に、第二次世界大戦中多くの若い学生を戦場に送り出してしまった苦痛の経験から、教学の理念を「平和と民主主義」としたことは生徒の心に残ったようです。不戦の集い、立命館大学国際平和ミュージアム、立命館宇治での被爆アオギリの移植等、戦後70年である今、「平和」に関することを学び、考えて、行動することが大切です。

戻る