北野 智子 さん

立命館宇治高校で学んだすべてが
今の基盤になっている

立命館宇治高校で学んで良かったのは、単に知識を身につけるだけでなく、考える力や論理的に意見を述べる力など、自分で成長するための基礎力を育めたこと。1年生の時から小論文を書く機会が豊富なこともその一つ。また3年生の時には、立命館大学との連携講座を受講。答えのないテーマに対し、互いの考えを主張し合い、グループで一つの発表にまとめ上げる中で、物事を深く考え、本質を見ようとする視線を養うことができました。一番の収穫は、やはり高い英語力をつちかえたこと。おかげで大学では、2年間の留学を経てアメリカの大学と立命館大学の両方の学位を取得することができました。今、総合商社で仕事をする上でも立命館宇治高校で得たすべての経験が、基礎として役立っているなと感じています。