みんなの心が1つになって、
最高のプレーが生まれる

中学の時から憧れていた立命館宇治高校のサッカー部。レベルの高いメンバーと切磋琢磨する中で、メキメキ上達しました。最高なのは、みんなの心が一つになって、一人では到底できない驚くようなプレーが生まれた瞬間。その時の胸が躍るような充実感は、言葉では言い表せません。昨年は京都府の大会で優勝し、全国大会でベスト16にまで勝ち進みました。今年、キャプテンになって、みんなをまとめる役割も求められるようになりました。熱い気持ちでみんなを引っ張り、今年も全国大会でさらに上をめざします。

  • 和田 将平 さん
  • 高等学校3年生