海外の大学へ進学し
世界的な物理学者になるのが夢

家族と一緒に香港から帰国したのは、小学3年生の時。その頃からずっと「将来は海外の大学へ進学したい」と思っていたので、迷わず高校にIBコースのある立命館宇治への進学を決めました。帰国生中心の授業では、数学と理科を英語で受けています。最初は知らない単語が多くてとまどったけれど、先生や友達と英語で会話するうちに、どんどんボキャブラリーが増えていきました。今は、物理がおもしろい。海外の大学で量子物理学を学んで、いつか世界的な物理学者になるのが、夢です。

  • 村上 出 さん
  • 中学校3年生