学校沿革

1869年(明治2年) 西園寺公望(学祖)私塾「立命館」を創始
1900年(明治33年) 中川小十郎「私立京都法政学校」を創立
1913年(大正2年) 大学を「私立立命館大学」と改称
1948年(昭和23年) 学校教育法による「立命館大学」(新制)設置
1965年(昭和40年) 川田平八郎「学校法人宇治学園」を設置し「私立宇治高等学校」創立
1994年(平成6年) 立命館と宇治学園の法人合併により「宇治高等学校」を「立命館宇治高等学校」に改称
1995年(平成7年) 「立命館宇治高等学校」に一期生が入学
2000年(平成12年) APUイマージョンプログラム・コース(IPコース)を設置
2002年(平成14年) 文部科学省によるスーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール(SELHi)指定を機にIPコースをスーパー・イングリッシュ・ランゲージコース(SELコース)と改称
宇治市三室戸から広野町へキャンパス移転
2003年(平成15年) 「立命館宇治中学校」開校
2004年(平成16年) Rits Kids(小学生英語講座)開校
2005年(平成17年) 文部科学省によるSEL-Hi二期目の指定を受ける
2006年(平成18年) 中学校:スカラーアスリート&アーティストコース(SAコース)を設置
高等学校:スカラーアスリートプロジェクト(SAP)を開始
2009年(平成21年) 国際バカロレア機構(IBO)により関西初のIBディプロマ・プログラム(DP)校として認定
2012年(平成24年) IBDP一期生がディプロマを取得 海外大学へ進学