高等学校 IMコース

授業・プログラム紹介

授業紹介

国語

1年次では「国語総合」において文学作品・説明的文章・古文・漢文の全分野にわたるテキストの他、新聞記事などのメディア教材を使って、読解力・論述力などの言語技術の基本を習得します。次いで留学終了後は「日本語I・II」に進み、グローバルスタンダードの母語教育である「言語技術(Language Arts)」教育の理念に基づいて授業を展開。批判的思考力、口頭と記述による表現力を身につけ、さらには異文化理解精神や自国文化への誇りを育成します。

国語

数学

高校1年では「数学I」および「数学A」を履修し、数学についての基本的な概念や原理・法則を理解し、事象を数学的に考え処理する力である「数学的思考力」を育成します。基礎学力を徹底的に鍛えるとともに、統計学も学び、探究学力の基礎を養成します。3年次はイマージョン授業として「Mathematics」を学びます。

数学

英語

1年次からネイティブ教員が授業を担当。1年次は週7時間,2年次は週5時間と小規模サイズの充実の授業を実施します。1年次から発言・発表を重視する他、大量の英語を「読む」・「聞く」ことで、留学に備えるとともに英語によるイマージョン授業への基礎力を培います。留学後はさらに高度な英語運用能力を養成。特に「エッセイライティング」「リサーチ力」「プレゼンテーション能力」の充実を図ります。

英語

理科

高校1年では、「化学と人間生活」を履修し、実生活で関連の深い科学的題材を日英両言語で扱い、読み書きスキルの育成を行います。留学後は2年次に「化学基礎」を3年次には「Science for SDGs」をイマージョン授業で学習します。「Science for SDGs」ではこれからの世界が解決すべき課題の中でも科学的側面の強い題材を扱い、社会課題の解決を担える人材の育成を目指します。

理科

社会

高校1年「現代社会」では、教科書に基づいて政治・経済に関わる基礎知識を習得しつつ、時事問題を採り上げ、「倫理」の視点から現代社会の諸問題のあり方を考えます。発表・討論・論述の機会を多く設定し、論理的思考力をトレーニングするとともに、社会科学的なものの見方のスキルを身につけます。留学後からイマージョンによる「世界史」が始まります。洋書の教科書を使って、中世から近現代までを学習。さらに「Citizenship」を通じて地球市民としての素養を育てます。

社会

実技科目・学校設定科目

1年次から「美術」のイマージョン授業を開講し、実技を通じて自然に英語を学習します。また2年次からはIBコースで実施されている「Theory of Knowledge(知識の理論)」も一部導入し、Critical Thinking(批判的思考力)養成も行います。

実技科目・学校設定科目

プログラム紹介

留学

1年次から2年次にかけて1年間カナダ、ニュージーランド、オーストラリアの現地高校へ留学します。カナダ留学は1年次の夏(8月下旬~9月上旬)、ニュージーランド、オーストラリア留学は1年次の冬(1月)からスタート。留学を通じて、2年次から始まる英語によるイマージョン授業につながる基礎力を身につけます。理系進学希望者はカナダ7ヶ月(理系)プログラムに参加することができます。

留学オリエンテーション

留学への準備として、留学に臨む心構え、目的、問題への対処法などについて考えます。教員、留学経験者、外部講師などによる講演や交流会も企画します。

課題解決型学習

企業や大学と連携してグローバル社会が抱える諸問題について解決策を考える授業を継続して配置します。

イマージョン教育

ネイティブ教員による英語による授業を多数開講し、より高い次元の英語運用能力を培います。

キャリア教育

本校が共通して行うキャリア企画に加えて、海外大学進学説明会、立命館大学が持つ海外大学などとの連携プログラム説明会を行います。社会で活躍する卒業生も来校し、英語を活かした進路について早い段階から考えます。

NEWS

一覧

教育内容のニュース