中学校入試 国際(帰国生徒・外国籍生徒)入試の概要

2018年度

2018年度入学試験よりインターネットによるWEB出願が可能となります。
内容・詳細は、下記のWEB出願用入試要項で確認してください。

【WEB出願用】2018年度国際(帰国生徒・外国籍生徒)入試要項
        WEB出願の流れ→ 別添WEB出願の手引き(入試要項巻末抜粋)
        WEB出願入力マニュアルはこちら

なお、2018年度は、下記の入試要項にて、紙出願も可能ですが、本校では、WEB出願を推奨させていただいております。
【紙出願用】2018年度国際(帰国生徒・外国籍生徒)入試要項

「国際自己推薦入学試験について」はこちら(推薦は、紙での申請のみ)

I. 募集人員

第1学年 男女 40人

II. 出願資格

以下のいずれかに該当する者

  1. 2006年4月1日以前に生まれ、日本の義務教育期間における海外就学期間が1ヶ年以上の者で、次の 1 から 5 のいずれかに該当する者。
    1. 国内の小学校を卒業した者、または2018年3月卒業見込みの者。
    2. 外国の学校教育における6学年の課程(日本の義務教育の小学校の課程に相当)を修了した者、 または2018年6月までに修了見込みの者。
    3. 文部科学大臣の指定を受けた海外の全日制日本人学校の小学部を卒業した者、または2018年3月卒業見込みの者。
    4. 国内の小学校と同等のインターナショナルスクールにおいて6学年の課程を修了した者、または2018年6月までに修了見込みの者。
    5. 上記 1 から 4 と同等の学力を有すると認められる者。
    ※日本の義務教育期間における海外就学期間は、途中帰国していても全期間を加算します。
  2. 2006年4月1日以前に生まれ、外国籍を有するとともに日本に在住し(在留資格が『出入国管理および難民認定法』に定める「永住者」ならびに「永住者の配偶者」を除く)、かつ日本語を母語としない者で、学校教育法における6学年の課程 (日本の義務教育の小学校の課程に相当)を修了、あるいは2018年6月までに修了見込みであること。
  3. 海外就学経験を持たず、日本国内において外国の学校教育制度で履修している場合は、 1 と同様に扱います。

III. 試験日・試験科目

11月入試
試験日 試験区分 方式 試験科目 試験会場 合格発表
11月25日(土) 国際 A方式 作文・面接(保護者1名同伴) 本校
香港
上海
シンガポール
ロンドン
ニューヨーク
12月1日(金)
B方式 国語・算数・面接(保護者1名同伴)
IPS方式 小論文(英語)・算数・面接(保護者1名同伴)
国際自己推薦 一般方式 作文・面接(保護者1名同伴)
IPS方式 小論文(英語)・算数・面接(保護者1名同伴)

※ 香港・上海ではIPS方式実施しません。

1月入試
試験日 試験区分 方式 試験科目 試験会場 合格発表
1月13日(土) 国際 A方式 作文・面接(保護者1名同伴) 本校 1月16日(火)
B方式 国語・算数・面接(保護者1名同伴)
IPS方式 小論文(英語)・算数・面接(保護者1名同伴)
国際自己推薦 一般方式 作文・面接(保護者1名同伴)
IPS方式 小論文(英語)・算数・面接(保護者1名同伴)
<IPS方式について>

入学時よりIPS授業※を受講し、高校においてIBコースへの進学を希望する場合は、IPS方式を選択しなければなりません。
※ IPS(International Preparatory Stream)授業は英語で行われ、現在、数学・理科・社会で実施されています。2 年生以降のIPS授業の受講は、受験方式にかかわらず、適性審査の上、受講可能です。IPS対象科目以外は日本語での学習となります。英語はグルード別で実施されます。

<A方式・B方式・IPS方式の選択>

下記の 1 または 2 のいずれかに該当する者は、A方式・B方式・IPS方式のうち、いずれかを選択できます。それ以外の者については、 B方式・IPS方式のどちらかを選択できます。

  1. 日本における小学校6年間の課程の内、海外現地校(日本人学校を含まない)またはインターナショナルスクールにおいて3年以上履修した者。
  2. 日本における小学校4年生から6年生の3年間に相当する課程の内、海外現地校(日本人学校を含まない)またはインターナショナルスクールにおいて1年6ヵ月以上履修した者。
<A方式の作文について>

出題は日本語と英語で行い、解答は出願時に選択した言語(日本語または英語)で行います。字数は日本語の場合1,000~1,200字、英語の場合は600~800wordsです。

<IPS方式の小論文・算数について>

小論文は英語で 2 題出題され、1 題につき英語(150words以上)で解答します。算数の出題・解答も英語で行います。

6月編入学試験

6月に編入学試験を実施します。
詳しくは2018年度入試要項(WEB出願用紙出願用)をご覧ください。

IV. 国際自己推薦入試について

国際自己推薦入試は、事前に「国際自己推薦入学試験出願資格確認申請書」を提出し、 書類審査を経て出願資格を認められた者のみ出願を受け付けます。

出願資格
国際(帰国生徒・外国籍生徒)入試の受験資格を有し、2018年3月卒業見込の者、および海外現地校等で2018年6月までに卒業見込の者で、学術・学芸、人物ともに優れ、本校の定める資格要件を満たし、本校を第一志望とする者。
受験の手順
  1. 「国際自己推薦入学試験出願資格確認申請書」および「志願理由書」を本校ホームページよりダウンロードする。
  2. 次の3点を本校宛に書留で郵送する。
    1. 「国際自己推薦入学試験出願資格確認申請書」
    2. 4年生、5年生および6年生の通知表のコピー
    3. 「志願理由書」(日本語版、英語版いずれかを提出)
  3. 本校からの資格確認の返信を得て、「国際自己推薦入試」区分で出願する。
  4. 11月25日または1月13日の入学試験を受験する。
申請期間
  • 11月入試:2017年9月4日(月) ~ 9月29日(金)必着
  • 1月入試:2017年9月30日(土) ~ 12月5日(火)必着

 申請書類 ※ダウンロードして指定のサイズで印刷してください。

 国際自己推薦入学試験資格確認申請書 A4サイズ

 国際自己推薦志願理由書(日本語版) A3サイズ

 国際自己推薦志願理由書(英語版)  A3サイズ

 封筒表書き (封筒に貼り付けて郵送してください。)

V. 出願について

出願書類
提出書類 国際入試/
国際自己推薦入試
入学願書
志願者身上書
成績証明書補足調書・修学状況報告書(該当者のみ)
在学証明書
成績証明書
住民票の写し(外国籍生徒のみ)
在留カードもしくは
外国政府発行のパスポートの写し(外国籍生徒のみ)
英語資格証明書の写し
(IPS方式受験者、中学3年6月編入試IBコース受験者は必須)
IBコース志願者レファレンスフォーム
(中学3年6月編入試IBコース受験者のみ)

WEB出願の場合、入学願書、志願者身上書の表面は、WEB出願サイトにて入力後、印刷してください。

出願期間
  • 11月入試:2017年10月24日(火)~11月7日(火)必着
  • 1月入試:2017年12月11日(月)~ 2018年1月5日(金)必着
出願方法

【WEB出願】別紙 WEB出願の手引きを確認して下さい。
       WEBでの出願と出願書類送付の両方が必要です。

【紙出願】  出願書類を送付してください。
       送付は、書留郵送。海外からの場合は、EMS、DHLで送付。
       (本校事務室窓口では受付しません。)

入学検定料
  • 本校での受験:20,000円
  • 海外会場での受験:50,000円

VI. 合格発表・入学手続について

合格発表
  • 11月入試:2017年12月1日(金)午後3時
  • 1月入試:2018年1月16日(火)午後3時

本校にて掲示発表するとともに、当ウェブサイトにも掲載します。
電話での照会には一切お答えできません。

入学書類の交付

当日、11月入試合格者には「合格通知書」、1月入試合格者には「合格通知書」および「入学手続のしおり」を本校事務室でお渡しします。合格者であることを確認するための受験票を必ず持参してください。なお、当日午後4時までに「合格通知書」・「入学手続のしおり」を受け取らなかった方には、当日最終便にて発送します。

入学金納入手続期間
  • 11月入試:2016年12月4日(月)~12月15日(金)
  • 1月入試:2017年1月17日(水)~ 1月19日(金)

期間内に手続が完了しない場合は、入学資格を失います。
一旦納入された入学金は、理由の如何にかかわらず返還しません。

手続方法

入学金の納付(振込)および手続書類を簡易書留で郵送。