入試FAQ IMコース・IBコースに関して

入試に関して、よくお問合せいただくご質問を掲載しています。
現在、下記の質問について掲載しています。

IMコース留学IMプログラムとは?

英語圏への留学前に留学先で現地の生徒と共に授業を受けることを目標に英語力を鍛え、約1年間留学をします。帰国後は、英語を基本言語とした授業を履修し、留学中に培った英語力を更にレベルアップします。

IMコース留学プログラムとは?

英語圏への留学前に留学先で現地の生徒と共に授業を受けることを目標に英語力を鍛え、約1年間の留学後は、文科コースもしくは理科コースの授業を履修します。

IMコースの留学先は、どこですか?また、留学先は選べるのですか?

主な留学先は、アメリカ、カナダ(以上、北半球)、オーストラリア、ニュージーランド(南半球)です。留学国は選択できますが、入学前の英語テストの結果や年齢制限により、希望国に留学できない場合があります。北半球への留学期間は、1年次の7~8月から2年次の6~7月、南半球への留学は、1年次の1月から2年次の12月です。

IBコースとは?

1年次から英語を基本言語とした授業を英語で受け、教科学力の向上に努めます。2、3年次はIBディプロマ取得課程となり、海外の大学への進学を視野に入れたものになります。

IBコースは、どの程度の英語力が必要ですか?

IBコースは、1年次から英語での履修となるため、日常の英会話に加え、各科目を理解できる程度の英語力が必要です。英検2級を超える力が必要とされます。

IMコースは、入学時に高い英語力が必要ですか?

IMコースについては、留学前に普通コースよりも英語の授業を多く実施し、留学に必要な英語力を鍛えますので、入学試験に合格できれば問題ありません。英語力そのものよりも、将来の目標に向け英語学習に意欲的に取り組む姿勢が求められます。

コースの費用(コース費・留学費用)はどのくらいかかりますか?

授業料の他に、コース費、留学費用が必要となります。
コース費はIMコース7万円、IBコース60万円です。IMコースの留学費用は留学先により異なります。留学費用の詳細につきましては、入試説明会等で別途お知らせいたします。
※留学をする場合も、本校に納める授業料は3年間分必要です。

卒業後、大学で理系へ進学することは可能ですか?

IBコースは理系の進学にも対応しています。IMコースの場合2年次より理科コースに入らなければ理系進学ができません。理系進学を視野に入れる場合、1年次の7~8月出発の北半球留学を選択する必要があります。

第二志望もできると聞いたのですが、どのような仕組みですか?

IMコースを第一志望とする場合は、普通コースを第二志望として出願することができます。IBコースを第一志望とする場合は、IMコースまたは普通コースを第二志望として出願することができます。普通コースを第一志望として、IBコース・IMコースを第二志望とすることはできません。

面接は、どのようなものですか?

IMコースは英語による簡単な質問を含む面接です。英語のレベルは、中学校卒業程度です。英語で自己紹介をしたり、志望する理由を答えたりできるようにしておいてください。IBコースでは、生徒面接は英語で行われます。